スポンサードリンク

2009年02月05日

笑わないと頬がたるんでほうれい線が出来る?

ほうれい線が出来る原因の一つとして、加齢による頬のたるみを
あげました。

頬のたるみが出来る原因として、表情筋の衰えがあります。

若い時は引き上げてくれた表情筋が加齢によって衰えた結果、
頬がたれてしまい、その結果として、小鼻から口角にかけての
溝が深くなってしまうのです。

私ごとで恐縮ですが、私の周囲でほうれい線が目立つ人は
少ないです。

それは、私はこの仕事に就く前に、販売の仕事にたずさわって
来た関係で、私の周囲にいる知人の多くは長年販売の仕事にた
ずさわっている人が多い事がその理由かと思われます。

販売の仕事では、笑顔で接客する事が求められます。

笑顔を作るという事が、表情筋を鍛える効果があるのかも
しれません。

長年販売の仕事にたずさわっている人にほうれい線が目立つ
人が少ないのは事実です。

逆に笑わない人は、頬が下がっている人が多いように思えます。

そう感じて調べた結果、実際、大きな口を開けて笑うのは、
ほうれい線解消にいいとの事です。

笑う事によって、表情筋を鍛えるだけではなく、ほうれい線を
作る原因の一つであるストレスを解消する事にもつながるのだ
というのです。

「ええっ? そんな事したら、今度は笑いじわにならないですか?」
と言われそうですけれど、よく考えてみて下さい。笑いじわとほう
れい線、どちらの方がつらいと思いますか? 

前者が悪印象を持たれる事はまれですが、後者はふけて見えるだけ
で、良い事はありませんよね? 

私個人としては、笑いじわが出来る事よりも、ほうれい線解消の
ために表情筋を鍛えたいと思います。
タグ:ほうれい線
posted by jun at 10:00| ほうれい線を何とかする為に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。